Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

チョークアーティストに弟子入り

チョークアーティストに弟子入り

指先ひとつでウェルカムボードを作ろう!

Ravo*Labo.入口みんなが学校の黒板で使っているチョーク。
最近、このチョークを使った看板やメニューをカフェやレストランでよく見かけませんか?

その中には、ポップなイラストやかわいい文字で描かれたものもあります。
こうしたチョークで描かれたボードを専門に描く人。
それが「チョークアーティスト」です。

ほかにも、結婚式やパーティーのウェルカムボードやインテリアとしても活用されています。

このチョークアート、実は指先が大事なんです。
指先でグラデーションをつけて立体感を出していくんですよ。

このチョークアートの世界で活躍している、RICAさん。
夢中になれることを探していた時に、ポップでキュートで色鮮やかなチョークアートに出会い、その道に入りました。
現在では、看板制作や展示会、ワークショップなど、幅広く活躍しています。

Ravo*Labo.室内そんなRICAさんが制作や教室で使っているアトリエ「Ravo*Labo.」が、今回の弟子入り場所です。
西新宿にあるこのアトリエは、2014年6月にオープンしました。
きれいなアトリエで、「チョークアーティスト」に弟子入りです。

体験するのは、ウェルカムボード作り!
いろいろな絵柄をバランスよくトレースしたあと、チョークを使って色付け。
お家や学校で飾るウェルカムボードを作りましょう!

どんな絵柄の組み合わせがよいか?
どんな色使いが目立つか?
いろいろと考えながら作ることがおしごとの醍醐味ですよ!!

「Ravo*Labo.」のホームページを見る

道場でやること

  • 「チョークアーティスト」のおしごととは?
  • いろいろなモチーフを組み合わせて、ウェルカムボードを作ろう!

ウェルカムボード

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

RICA(りか)

Ravo*Labo. 代表

RICA自分が納得できる、夢中になれることを探していた時に、ポップでキュートな何とも言えない色鮮やかなチョークアートに出会い、2006年からチョークアートの道に入る。2010年には、「第17回原辰徳2010チャリティートークショー」にチョークアートを納める。現在は、飲食店の内装・看板制作をはじめ、大手デパートでの展示会やワークショップの開催、保育園や福祉施設でのチョークアート監修など、幅広く活動する。人気のチョークアート教室「Ravo*Labo.」も開講中。
チョークアートの魅力は、すべてがオリジナルで、筆やペンを使うのではなく、時間をかけて指先で作成するところ。
著書は、「季節の図案集 四季の花(1~3)」(共著)。

CAA日本チョークアーティスト協会 役員・認定講師

 


道場を体験した感想

チョークでこんなにすごいかわいい絵ができるんだなぁ〜と思いました。自分が思っていたよりかわいくすごくできたのでうれしかったです。またやりたいなぁ〜と思いました。

 

チョークアーティストをやってみて、今まで絵が下手で自信がなかったけど、今日ちょっとだけ自信がもてました。また今度、機会があったらチョークアートをやってみたいと思いました。

 

一つ一つ色を重ねながらグラデーションを作るのがとてもおもしろかった。もっと大きなすごい作品を作ってみたい!と思った。

 

はじめてでとても緊張したけれど、思っていたよりも簡単に上手に描くことができたのでうれしかったです。家に帰ったらすぐに飾ります!

 

私は2回目ですが、飽きなくてうきうきできるおしごとだなーと思いました。また次のレッスンでも楽しくうきうきしながらやりたいです。

 

描く絵を決めて、配置して、色を塗るところまでやるととても大変だと思いました。これを知るまで、チョークアーティストという仕事さえも知らなかったので、体験できてうれしかったです。他のテーマの絵も描きたいと思いました。

 

はじめてチョークアートをしたけど、季節にあった絵をうまく描くことができました。このようなイベントがあったら、またいろいろなことにチャレンジしたいです。

 

見てみると、チョークで描いた感じがしなかった。なんだか筆で描いた感じがした。

 

色を塗りつぶすのが大変だったです。だけど楽しかったから、またやりたいと思いました。どの組み合わせにするか迷っちゃいました!みんなもきれいに描けていたので、すごいなと思いました。

 

毎日、学校で使っている黒板とチョークで、このような絵が描けてとてもおもしろかったです。チョークだけで光や影がつけられて、立体感がでておもしろかったけれど、色のつけ具合が難しかったです。学校での美術の授業でも光や影のつけ方を活かしていきたいです。同じイルカや金魚でも、人によって個性が違っておもしろいです。背景のつけ方、枠の取り方、文字の描き方も全く違っておもしろかったです。色を塗る時の色使いを決めるのに苦労しました。またチョークアートをやりたいと思いました。ありがとうございました。

 

いつも鉛筆でしか絵を描いたことがないのに、チョークみたいなクレヨンで描いて、にじんだ絵みたいでおもしろかったです。今度は春夏秋冬を描いてみたいです。

日にち
2017年8月2日(水)・3日(木)

時間
①10:30〜12:30 ②14:00〜16:00

対象
小学生以上

参加費
各回2,000円

定員
各回先着8名さま

会場

Ravo*Labo.
東京都渋谷区本町3-37-3 森田ビル2F

交通アクセス
都営地下鉄大江戸線線西新宿五丁目駅A1出口より徒歩約6分

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by