Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

チョークアーティストに弟子入り

チョークアーティストに弟子入り

指先ひとつでウェルカムボードを作ろう!

Ravo*Labo.入口みんなが学校の黒板で使っているチョーク。
最近、このチョークを使った看板やメニューをカフェやレストランでよく見かけませんか?

その中には、ポップなイラストやかわいい文字で描かれたものもあります。
こうしたチョークで描かれたボードを専門に描く人。
それが「チョークアーティスト」です。

ほかにも、結婚式やパーティーのウェルカムボードやインテリアとしても活用されています。

このチョークアート、実は指先が大事なんです。
指先でグラデーションをつけて立体感を出していくんですよ。

このチョークアートの世界で活躍している、RICAさん。
夢中になれることを探していた時に、ポップでキュートで色鮮やかなチョークアートに出会い、その道に入りました。
現在では、看板制作や展示会、ワークショップなど、幅広く活躍しています。

Ravo*Labo.室内そんなRICAさんが制作や教室で使っているアトリエ「Ravo*Labo.」が、今回の弟子入り場所です。
西新宿にあるこのアトリエは、2014年6月にオープンしました。
きれいなアトリエで、「チョークアーティスト」に弟子入りです。

体験するのは、ウェルカムボード作り!
いろいろな絵柄をバランスよくトレースしたあと、チョークを使って色付け。
お家や学校で飾るウェルカムボードを作りましょう!

どんな絵柄の組み合わせがよいか?
どんな色使いが目立つか?
いろいろと考えながら作ることがおしごとの醍醐味ですよ!!

「Ravo*Labo.」のホームページを見る

 

申し込みはこちら

 

道場でやること

  • 「チョークアーティスト」のおしごととは?
  • いろいろなモチーフを組み合わせて、ウェルカムボードを作ろう!

ウェルカムボード

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

RICA(りか)

Ravo*Labo. 代表

RICA自分が納得できる、夢中になれることを探していた時に、ポップでキュートな何とも言えない色鮮やかなチョークアートに出会い、2006年からチョークアートの道に入る。2010年には、「第17回原辰徳2010チャリティートークショー」にチョークアートを納める。現在は、飲食店の内装・看板制作をはじめ、大手デパートでの展示会やワークショップの開催、保育園や福祉施設でのチョークアート監修など、幅広く活動する。人気のチョークアート教室「Ravo*Labo.」も開講中。
チョークアートの魅力は、すべてがオリジナルで、筆やペンを使うのではなく、時間をかけて指先で作成するところ。
著書は、「季節の図案集 四季の花(1~3)」(共著)。

CAA日本チョークアーティスト協会 役員・認定講師

 


 

申し込みはこちら

 

道場を体験した感想

いつも鉛筆でしか絵を描いたことがないのに、チョークみたいなクレヨンで描いて、にじんだ絵みたいでおもしろかったです。今度は春夏秋冬を描いてみたいです。

 

今日チョークアーティストの職業を体験してとても難しかったけれど、終わったあととてもキレイにできたのでとてもうれしかったです。また来たいです。

 

チョークアーティストは指を使ったりして絵を描くと思っていなくて、色を混ぜるのが難しかった。

 

難しかったけど楽しかった!」色づかいのことを知れてよかった!チョークアーティストのことに興味をもった!!

日にち
2017年8月2日(水)・3日(木)

時間
①10:30〜12:30 ②14:00〜16:00

対象
小学生以上

参加費
各回2,000円

定員
各回先着8名さま

会場

Ravo*Labo.
東京都渋谷区本町3-37-3 森田ビル2F

交通アクセス
都営地下鉄大江戸線線西新宿五丁目駅A1出口より徒歩約6分

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by