Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

東京ソワールに弟子入り

東京ソワールに弟子入り

フォーマルウェアの生地でTシャツをリメイク!

展示会洋服ってどうやってできているか知っていますか?
企画からデザイン、生産まで、いろいろな人のおしごとでできているんですよ。

アパレルメーカーのおしごとは、流行やブランドのイメージが大切。
それに合わせて、洋服やアクセサリー、靴、バッグなどを作っていきます。

そんなアパレルメーカーの一つが、今回弟子入りする「東京ソワール」です。
フォーマルウェアを中心とした婦人用の衣料を作っています。

フォーマルウェアとは、日常とは違い、冠婚葬祭などの場で着る洋服のこと。
決まったルールやマナーもありますが、自分なりのおしゃれを楽しむこともできます。

今回のおしごと体験では、そのフォーマルウェアの生地を使ってTシャツをリメイク!
ドレスアップしたオリジナルTシャツを作りましょう!

東京ソワール本社まずは、ファッションデザイナーになって、洋服のデザイン画を作るところから。
そのデザイン画をもとに、次はパタンナーになって、洋服の型紙(パターン)を作ります。

そしていよいよ、パターンにそってTシャツのリメイク!
ソーイングスタッフになって、手で縫いながら洋服を仕上げていきます。

自分のイメージしたTシャツに仕上げることはできるかな!?
特別な日にはもちろん、学校にも着ていって、誰よりも目立っちゃいましょう!

「東京ソワール」のホームページを見る

道場でやること

  • アパレルメーカーのおしごととは?
  • 洋服のデザインやパターン作りをしてみよう!
  • デザインした洋服を実際に手縫いで作ってみよう!(Tシャツのリメイク)

※都合により変更となる場合がございます。

申し込み時に、3パターンのリメイク方法の中から一つをお選びいただきます。
Tシャツのサイズは、キッズサイズの160cmとなります。

講師プロフィール

株式会社東京ソワール(とうきょうそわーる)

社会貢献委員会メンバー

東京ソワール総合レディスフォーマルウェアメーカーとして、ウェアおよびアクセサリー類の商品企画や全国百貨店・チェーンストアへの卸売を事業として展開している。社会貢献委員会はCSR活動の一環として立ち上げられ、メンバーが中心となって企画を立案し、広く社員にも呼びかけながら活動を行っている。
メンバーは、デザイナー、パタンナー、マーチャンダイザーをはじめとする専門職から、営業や生産管理などの総合職まで、さまざまな職種の社員で構成されている。また、フォーマルシーンには守るべきルールやマナーがあり、その装いに詳しいフォーマルスペシャリストという資格を持っている者もいる。


道場を体験した感想

自分でデザインした洋服を作るのはとても楽しかったです。肩の生地をつけるのがとても難しかったです。家でもまたやってみたいです。

 

ぬうのは好きだけど、友だちが「気力使う」と言っていて、これをやって意味がわかった。普段ない経験ができてうれしかった。

 

思っていた以上にかわいい服が作れました。良かったです。

 

一枚の洋服を作るのに、すごい体力を使うんだなと思った。

 

自分で洋服を作ることが夢だったので、できてとてもうれしかったです。また来年もやりたいです。

 

はじめて自分で洋服を作ったりデザインしたりしたので、大変さがよくわかりました。手ぬいだったのですごく大変でした。でも、できあがったものを見るとやって良かったなぁーと思いました。講師のみなさん、手伝ってくださりありがとうございました。

 

私の将来の夢はデザイナーなのでいい体験でした。楽しかったです。

日にち
2017年6月24日(土)

時間
13:00〜16:30

対象
小学4年生以上

参加費
1,000円

定員
先着20名さま

会場

東京ソワール 本社
東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館11階

交通アクセス
都営地下鉄大江戸線青山一丁目駅2番出口より徒歩約2分
東京メトロ銀座線・半蔵門線青山一丁目駅4番出口より徒歩約2分

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by