Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

『おしごとなりきり道場』第十二弾 開催レポート

『おしごとなりきり道場』第十二弾 開催レポート

7月21日(月・祝)、東京都江東区有明にある東京ビッグサイトにおいて、『おしごとなりきり道場』第十二弾を開催しました。
当日は、228人(男子28人・女子200人)、延べ430人のお子さまが、17種類のおしごと(プレおしごと道場の3種類を含む)を体験しました。

参加者の感想コメント

※保護者の方にご回答いただいたアンケートより抜粋。

短時間でいくつもの仕事を体験する施設も良いのですが、一つのことにじっくり時間をかけておしごと体験をする方がとても充実できると思いました。今回初めての参加でしたが、こどもがとても楽しそうに夢中で体験できたのが親としてうれしかったです。

(11歳/女の子)

その場で出会った人同士でペアやグループになり、コミュニケーションを取りながら職業体験ができるというところは、誰とでもかかわることができる人になってほしいという親の気持ちに沿っており、とてもありがたいです。どんな仕事もそこに必ず「人」がかかわっていますので、人間関係が希薄になっている現代においてとても基本的な部分を大切にしてくださっていることに共感し、これからも参加したいと思います。

(9歳/女の子)

2つ体験できましたが、もっともっとたくさん体験したいと言っていました。普段の生活の中ではふれ合うことのできないものだったので、新鮮で楽しめたようでした。

(7歳/女の子)

楽しく参加させていただきました。1年生の娘には少々難しい内容ではありましたが、最後まで親の手伝いなしに作品が完成できたのは、本人の財産になったと思います。これからも「こんな仕事もあるんだな」と、こどもたちの興味がわくようなおしごと体験を期待しています。

(8歳/女の子)

講師の先生方はこどもたちに真剣に向き合ってくださり、その熱が我が子にも伝わったようです。とても楽しかったと満足しています。親としてもこどもの成長を感じられ、大変よい機会となりました。

(8歳/女の子)

娘は引っ込み思案な性格なので、初めて会う同年代や少しお姉さん、お兄さんと交流できたことがまずよかったと思います。講師の先生もとても親切で、何も無理強いすることはなく、自発的に作業をさせる工夫をされていたと思います。そのような雰囲気のなかで娘なりにがんばって体験ができました。今後もいろいろと体験させたいと思いました。

(6歳/女の子)

こどもも楽しみにしていたのですが予想以上に満足したようで、将来の夢を変更していました。

(7歳/女の子)

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by