Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

『おしごとなりきり道場』第十弾 開催レポート

『おしごとなりきり道場』第十弾 開催レポート

12月15日(日)、相模原市南区相模大野にあるユニコムプラザさがみはらにおいて、『おしごとなりきり道場』第十弾を開催しました。
当日は、162人(男子25人・女子137人)、延べ338人のお子さまが、14種類のおしごと(プレおしごと道場の3種類を含む)を体験しました。

参加者の感想コメント

※保護者の方にご回答いただいたアンケートより抜粋。

以前からいろんな仕事に興味があり、将来自分のやりたい、なりたい仕事について考えている娘なので、今回の『おしごとなりきり道場』は娘にとって最高のイベントでした。専門の先生やプロの方から教われる機会はめったにないので、貴重な体験になりました。どの仕事もとても楽しかったようで、とても喜んでいました。

(9歳/女の子)

こういうイベントを探してました!来年から中学生なので、もっと早く知っていれば良かったと後悔してます。いろいろな職業にチャレンジさせてみたいです。

(12歳、10歳/女の子)

両親と違う職業に関心があるようで、こういう機会に体験できて、こどもも大満足でした。今後もこのような企画に参加させたいです。

(9歳、7歳/女の子)

近場でこういったイベントをしていただいて、ありがたかったです。一時間という時間でさまざまなことを体験できたようで、こどもも喜んでいました。

(7歳/女の子)

今まであまり知らなかったような職業を知り、体験することができました。こどもの中でも、その職業を知ることができただけでなく、社会の中にすごくたくさんの職業があり、それが自分たちの生活に大きく影響していることを知ることができたと思います。

(11歳、10歳/女の子)

講師の方々がとても丁寧に熱心にこどもたちに接していました。一人ひとりが発表する場があるのも良かったです。少しでも何となく働くことのイメージがもてたのではないかと思います。参加してよかったと思いました。

(9歳/女の子)

こどもにやりたい仕事を選ばせて参加しましたが、どの仕事も実際に活躍されている方に教わるので、より具体的にアドバイスしていただけて、ただ楽しいという思いだけでなく作業できるところが良いと思いました。どの仕事も自分が好きだからというだけでなく、相手(お客さま)を意識して、「気をつかう」「思いやる」気持ちも芽生えてくれたのではと感じました。

(11歳、9歳/女の子)

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by