Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

建築家

建築家

〜建築をとおして快適な街をつくる〜

建築物の設計から工事の監理までを行う人です。お客さまの依頼に応じて、その建物の役割を意識しながら、構造、デザイン、材料、予算などを考えていきます。住宅やビルなどの建物だけでなく、街づくりといった分野まで仕事が広がる場合もあります。大学や専門学校で専門的な勉強をした後、設計事務所などで実務を経験しながら、国家資格である一級建築士の取得をめざします。資格を取得した後は、独立する人も多くいます。理数系に強く、ち密な考えができるとともに、物事を総合的に見ることができるバランス感覚が求められます。

おしごとに必要なちから

建築家

道場でやること

対 象:小学生

  • 「建築家」のおしごとを見てみよう!
  • 建物をつくるおしごとの意味、本当のおもしろさを知ろう!
  • 「建築家」として、おさるさんが住む動物園のサル山をつくろう!
  • サル山の作品に込めた思いを発表してみよう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

川島 茂(かわしま しげる)

川島鈴鹿建築計画 共同主宰
www.kawashimasuzuka.com

大学院(建築学専攻)を修了後、大手建設会社設計部を経て、川島鈴鹿建築計画を共同主宰する。同時に、日本大学理工学部駿河台校舎1号館建設委員会、計画・設計工房にも籍をおきながら活動する。

一級建築士

2007〜2013年 日本大学理工学部建築学科 非常勤講師

 

鈴鹿 美穂(すずか みほ)

川島鈴鹿建築計画 共同主宰
www.kawashimasuzuka.com

大学(住居学専攻)卒業後、アトリエ事務所などを経て、川島鈴鹿建築計画を共同主宰する。

一級建築士

 

川島鈴鹿建築計画2人は小学生の娘や犬と暮らす夫婦。住宅、集合住宅、店舗、大学施設など、建築の設計・監理を主軸としながら、建築をテーマとしたワークショップを開催するなど、多様な活動をしている。


道場を体験した感想

僕はさるの使う山を実際粘土で作り、寒さをしのげたり夏の日差しをしのげる洞窟と温泉をメインに作りました。もし本物を作ったときには、さるが使いやすいよう考えて作りたいなと思いました。楽しかったです。

私は作ることが大好きだったので、こうゆうのを作ってもっと作るのが大好きになりました。あと、将来の夢の中に建築家も仲間入りです。

水飲み場は温泉にもなって、温泉に草があるから、温泉がいいにおいになるのを工夫した。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by