Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

栄養士

栄養士

〜毎日の食事で健康な体を作りだす〜

学校や病院、福祉施設などで栄養の指導をする人です。人が健康を維持・増進するために、食事や食品の中の成分である栄養素や必要カロリーなどを考えて献立を作ります。個人の身体の状況、栄養状態などに応じた献立を考える専門的知識や技術が必要となります。最近では、食生活が乱れがちな人を対象とした講演やダイエット法・食事療法の指導を行うことも多くなっています。

おしごとに必要なちから

栄養士

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 栄養指導をする「栄養士」のおしごとって?
  • 食べ物を「赤」「黄」「緑」の3つにわけて、バランスのよい食事を考えよう!
  • 具体的な献立から、食事のバランスをアドバイスしてみよう!

小学4~6年生(中級)

  • 内容未定

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

木下 千咲(きのした ちさき)

木下 千咲管理栄養士。発酵プロフェッショナル。
国立病院や調剤薬局での勤務を経て、現在はフリーランスとして活動。栄養相談を得意とし、主にクリニックや診療所で病気と食事の相談を受けている。好きな物を「やめる」のではなく、「いかに食べるか」を相談しながら考えていくスタイルで、病気があってもダイエット中でも、楽しく続けられる「食べ方」を提案している。そのほか、講演活動をはじめ、発酵食品や日本に古くから伝わる伝統食を若い世代にも広めるべく料理教室などを開催している。


道場を体験した感想

グループのことは知っていたけど、どうやったらきらいなものがおいしく食べれるか考えたことがなかったので、知れてよかったです。

知らないこともあったけど、分かることもあったから、友だちに教えてあげようと思いました。

赤と黄色と緑のグループがあることは知っていましたが、どのような働きをしているかは分からなかったのでうれしかったです。そして、3つのグループがない時どうすればいいか、どうしてそうなってしまったのかを考えられてよかったです。これからの生活に活かしていきたいです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by