Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

時計職人

時計職人

〜緻密な作業で時をきざむ〜

時計を組み立てたり、部品を作ったり、壊れた時計を直したりする人です。機械やモノ作りが好きで、手先が器用、また細かい作業でも集中して続けられる人が向いています。高級時計を修理しながら長く使うコレクターもいるので、時計の仕組みだけでなく、歴史やデザインなどのくわしい知識も必要です。時計職人になるには、まずは専門学校で時計について学ぶのが一般的です。卒業後も、時計メーカーや時計屋さんで長い経験をつみ、一人前となることができます。

おしごとに必要なちから

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 時計を分解しながら、その仕組みを知ろう!
  • 時計を自分の好きなようにデザインして、実際に組み立ててみよう!

小学4~6年生(中級)

  • 内容未定

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

大護 慎太郎(だいご しんたろう)

JOIE INFINIE DESIGN
www.joieinfiniedesign.com

時計作家。
長岡造形大学工芸デザイン学科を卒業後、手作り腕時計の第一人者である篠原康治に弟子入り。2009年に吉祥寺にて、アトリエショップ「atelier coin」をオープン。2011年、株式会社atelier coinを設立。その後、国内のみでなくアメリカを中心に海外での展開も手がけている。
ファッション雑誌「装苑」「FUDGE」「JOKER」などに掲載実績あり。


道場を体験した感想

自分だけのオリジナルの時計が作れてうれしかったです。

カラフルにイメージどおりにできたのでうれしかったです。

時計を作る人みたいで楽しかったです。

とても楽しくて、時計が動いてうれしかったです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by