Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

アートディレクター

アートディレクター

〜ビジュアル表現で人の心をつかむ〜

新聞・雑誌広告やポスター、パンフレットなどの広告や印刷物において、ビジュアル的な表現手段を監督する人です。企画からはじまり、写真やイラストの選別、コピーの決定、カメラマンやモデルなどの人選まで、総合的に考えます。ビジュアルとして美しいことはもちろんのこと、見る人にちゃんとメッセージが伝わることが重要です。そのため、グラフィックデザインの知識・技術・経験が必要となります。さらには、新鮮で鋭い感性も欠かせません。デザイナーとして実際に手を動かして作業する人も多くいます。

おしごとに必要なちから

アートディレクター

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 内容未定

小学4~6年生(中級)

  • 相手の心をつかむためのいろいろな表現方法を考えよう!
  • テーマにあわせてたくさんの表現アイデアを出しながら、ラフスケッチをしてみよう!

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

亀井 泰則(かめい やすのり)

株式会社大嶋事務所 アートディレクター
www.ojxoj.com

亀井 泰則広告制作に関わる仕事に就いて15年。
エンターテインメント関連の販促ツールや通販カタログ、パッケージ、ロゴ制作など、アートディレクターとして幅広いジャンルに携わる。また、グラフィックデザイン、画像合成、レタッチの現場作業もマルチにこなす。広告の制作に関わるたくさんのスタッフ同士が気持ちよく仕事ができるコミュニケーション作りを大切にしながら、クライアントとターゲットとの架け橋となり、よりよい制作物を作ることを心がけている。
「自分が関わった広告物や販売物を街中や店頭で見かけた時には、やっている仕事の喜びを感じます。」


道場を体験した感想

どうゆう絵を描くのかを考えたり、どうすれば伝わるかを考えるのが難しかった。難しいことをやっているのはすごいと思った。自分が宇宙飛行士になれなかったときになろうと思った。またやってみたい。

 

はじめて聞いた仕事だったけど、思ったよりうまくできてよかったです。家でも作って見たいなぁ…と思いました。

 

最初はアートディレクターの意味も知らないで、楽しそうだからやってみたけど、本当は大事な仕事と知っておどろきました。あと、予想以上に楽しかったです。

 

私は好きなものをたくさん描いたポスターにしました。アイデアからいろんなことを付け足して、新しい作品にするのがとても楽しかったです。この体験をしたことによって、将来のことも考えることができたのでよかったです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by