Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

講談師

講談師

〜軽快なしゃべり調子で物語を読む〜

武勇伝、敵討ち、政治などにちなんだ物語を読む人です。高座におかれた「釈台(しゃくだい)」と呼ばれる小さな机の前に座り、それを「張扇(はりおうぎ)」で叩いて調子を取りつつ物語を読みます。講談師になるには、すでに活躍している講談師に弟子入りするのが一般的です。寄席での前座修行から二ツ目を経て、真打になれば一人前とされます。最近では女性の進出がめざましく、特に若手の講談師は女流の方が多くなっています。

おしごとに必要なちから

講談師

道場でやること

対 象:小学生以上

  • 「講談」ってなあに?
  • 「講談」を聞いてみよう!
  • 「張扇(はりおうぎ)」をたたきながら、大きな声でお話を読んでみよう!
  • みんなの前で「講談」を発表しよう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

神田 すず(かんだ すず)

神田 すず講談師。
2006年、講談師の神田すみれに入門し、講談協会の前座となる。2010年には二ツ目に昇進。寄席にとどまらず、企業パーティーや学校、飲食店など、さまざまな場所で講談を行う。
講談を好きになったきっかけは、はじめて講談を聞いたとき、何の予備知識もなしにグイグイ話に引き込まれ、時間が経つのも忘れるほど夢中になったから。

【協力】講談協会


道場を体験した感想

難しい言葉や早口が苦手な僕ですが、少し得意になれました。

始めは恥ずかしくてあまり声が出なかったけど、最後、前で講談をした時、大きな声を出せたのでよかったです。ありがとうございました。

講談師の人は、礼儀作法から日本の文化、聞く人のことなど、いろいろなことを考えているんだなとわかりました。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by