Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

舞台俳優

舞台俳優

〜演技力で観客を魅了する〜

演劇やミュージカルなどの舞台に立ち、役を演じる人です。養成所や専門学校、あるいは自分で演劇の基礎を学び、厳しいオーディションに合格して正式な劇団員となります。その後、劇団のなかで実力が認められると、実際の舞台に立つことができます。観客を引き込むためには、作品の背景や意図などを理解したうえで、台本に書かれたセリフを覚え、声と身体を使って表現する力が求められます。また、他の共演者や演出家、スタッフなど、多くの人と一緒に作品を作り上げていくため、チームワークやコミュニケーション能力も大切です。

おしごとに必要なちから

舞台俳優

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • お芝居の基本は「相手を信用する」こと!相手役のお友だちのことを大切に思ってあげよう!
  • お友だちにふれてみたり、声をかけてみたりすると、どんな反応が返ってくるかな?
  • みんなが見ている前で自分の思っていることを伝えてみよう!
  • かんたんなセリフを言ったり、動いたり、「舞台で見られる」ということを体験しよう!

小学4~6年生(中級)

  • いい声を出すために、体をほぐして準備をしよう!
  • 日本語の基本は「母音」!「母音」をきれいに発音しながら発声してみよう!
  • 役作りって、どんなこと?
  • それぞれの役柄になりきって、セリフを読みあわせてみよう!

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

体を動かしますので、動きやすい服装と靴で参加してください。

講師プロフィール

大門 真紀(だいもん まき)

演劇集団円

trippi「トリッピーキッズ」
trippi-kids.com

大門 真紀女優。
2000年から老舗の劇団「演劇集団円」に所属し、こどもの役からおばあちゃん役まで幅広く演じる。東京都内の劇場(紀伊国屋ホール、シアターカイなど)での出演のほか、文化庁の「本物の舞台芸術を見せる」の企画舞台にも参加。全国の小学校でも、100以上の公演に出演している。舞台のほかにも、TBS「おいしいプロポーズ」のレギュラー出演をはじめ、声優や歌の仕事でも活躍中。最近では、作詞の仕事も増えている。
「こどもたちには、舞台の面白さや表現の面白さを伝えられたらと思っています!」


道場を体験した感想

すごい人前では恥ずかしいけど、家では一人劇は好きです。

いつも見ていたりするドラマの俳優の大変さがよくわかった。見ている人の気持ちを動かすことの大変さがよくわかった。

はじめは、人の前に立つことに緊張とか恥ずかしいなどという気持ちがあったけど、今回やってみて楽しいなと思いました。

簡単なのに難しくて複雑だった。はじめて見た男の子と手をつないで恥ずかしかった。でも劇は大好き。

初めてやって恥ずかしかったけど、知らないうちにみんなとしゃべれてうれしかったです。また申し込んでやりたいです。

最初はどうするかなと心配してたけど、ちょっと恥ずかしいところや楽しいのができてうれしかったです。またここに来てやりたいです。それで、友だちをいっぱい作って、先生とも仲良くなりたいです。

ドキドキしないと思ったのに、ドキドキしたのでびっくりしました。

時には、緊張したところがありましたが、成功できてよかったです。また俳優をしたいです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by