Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

スピードスケート選手

スピードスケート選手

〜氷上のスキルでスピードを競う〜

スケートリンクを周回しゴールタイムを競う競技をする人です。大会でよい成績を残すと、ワールドカップやオリンピックなどの世界大会に出場することができます。選手になるためには、こどもの時からスケートクラブや学校のスケート部に所属し、スケート技術を磨きます。強くなると企業からスポンサー料をもらうこともできます。そのために、日ごろから激しい練習で自分を追いこみ、身体能力を引き出す力を身につけておくことが必要です。

おしごとに必要なちから

スピードスケート選手

道場でやること

対 象:未就学児以上

  • 「ショートトラック・スピードスケート」や「オリンピック」のことを知ろう!
  • メダルやスケート靴にふれてみよう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

勅使川原 郁恵(てしがわら いくえ)

勅使川原 郁恵元五輪代表ショートトラック・スピードスケート選手。
3歳からスケートをはじめ、中学2年生でオリンピック強化指定選手となり、1996年の世界ジュニア選手権で総合1位になるなど、一躍日本のトップスケーターとなる。その後、着実に実力をつけ、1998年長野五輪、2002年ソルトレイクシティー五輪、2006年トリノ五輪と、オリンピックに3回出場。現役引退後は、その明るいキャラクターと言動で、スポーツコメンテーターとして第2の人生のスタートを切る。
現在は、日本ウォーキング協会の親善大使への就任をきっかけに、ウォーキング指導員の資格を取得。ウォーキングキャスターとしてその魅力を伝える活動を行っている。そのほか、食や睡眠に関する資格も取得し、「食」と「歩」、そして、「眠」から「美」と「健康」へアプローチをかける。

全日本選手権優勝(1993、1995~1999年5連覇、1994年2位)
世界選手権連続11回出場(1993~2004年)
オリンピック3回連続出場
日本スケート連盟優秀選手表彰(1994~2003年)
岐阜県民栄誉賞

日本ウォーキング協会 親善大使(2007〜2009年)

ウォーキング指導者資格
ジュニア・ベジタブル & フルーツマイスター
フードアナリスト
食育インストラクター
ベジタブルビューティーセルフアドバイザー
睡眠改善インストラクター
スポーツシューズスペシャリスト

ブログ「てっしーです。


道場を体験した感想

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by