Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

ボディジュエルアーティスト

ボディジュエルアーティスト

~素肌に輝くキラキラおしゃれをデザイン~

ラメやラインスト―ンなどを使ってデザインした絵柄を素肌に描く人です。腕、デコルテ、肩、足など好きな部分に描くことができ、アメリカなどで人気となっているおしゃれアイテムです。キラキラするデザインのため、日常のおしゃれだけでなく、ウェディングなどの晴れの場でも取り入れられるようになっており、活躍の場が広がっています。デザインを描くテクニックや色合いのセンスが求められるとともに、ボディ用のグル―(接着のり)でキラキラパウダーを付けるため、パッチテストなどの基本的な知識も必要となります。

おしごとに必要なちから

ボディジュエルアーティスト

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • パッチテストをして皮膚のアレルギーがないか確かめよう!
  • 好きな柄や色で自分の素肌をデコってみよう!

sample

小学4~6年生(中級)

  • 内容未定

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

パッチテストの結果によっては、皮膚につけられない場合がございます。

講師プロフィール

牧野 裕美(まきの ひろみ)

Le ciel bleu 主宰

牧野 裕美ボディジュエルアーティスト。フラワーデザイナー。
中学から大学、社会人(介護職、トレーナー)までフェンシングをするかたわら、イスに座り作業をすることに目覚め、プリザーブド・アイス・アーティフルフラワーの資格を取得する。のちには、ウェディングブーケがより華やかになればとの思いで、ボディジュエルの資格も取得する。現在は、幅広い年齢層のニーズにあったものをお客さまと相談しながら提供している。また、男の子3児の母でもある。
「自分で制作したものは格別に愛着がわきます。また、自分が制作したものが喜ばれたときは本当にうれしいものです。ぜひ一緒に楽しみましょう!」


道場を体験した感想

思ったより本格的にできてよかったです。自分でやると、お祭りなどの時にやってもらった時とは少し違いました。自分でやってみると楽しかったし、前やった時とは違ったので、また次は違う絵などでやってみたいです。

キラキラしててとってもおしゃれ、とってもかわいい、やってよかった。またやりたい。楽しかった。

最初はどんなふうにつけるのかがわからなかったけれど、いろいろあったのでびっくりしました。これは家でもできそうなので、家でやってみたいです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by