Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

ラジオディレクター

ラジオディレクター

〜身近な話題や音楽を電波にのせる〜

ラジオ番組を企画して、制作する人です。ほかのスタッフや出演者と一緒に、番組の企画・構成から、番組内で流す曲の選曲などを行います。本番では、パーソナリティーに指示を出します。番組によっては、録音後にテープの編集も行う場合もあります。ラジオ番組は少人数で制作することが多いため、一人が複数の仕事を行なっています。番組によって、ラジオ局の社員や制作会社のスタッフ、フリーランスのディレクターが担当しています。

おしごとに必要なちから

ラジオディレクター

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 「ラジオ」とはどういったものか?
  • ラジオ番組の構成を考えてみよう!
  • ディレクター、構成作家、DJに分かれて、番組を放送してみよう!

小学4~6年生(中級)

  • 世の中のニュースや身近に起こった出来事を盛りこみながら、ラジオ番組の構成を考えてみよう!
  • ラジオ番組のキュー(きっかけとなる合図)を出してみよう!

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

相場 良子(あいば なおこ)

有限会社ファンタジスタ

相場 良子ラジオ・動画配信ディレクター。
東京コミュニケーションアート専門学校商業音楽科音楽放送コース卒業後、主に文化放送、J-WAVEなど、首都圏のラジオ局を中心に番組制作に携わる。マイクの前で話すこと以外、ラジオのことなら何でもこなす。


道場を体験した感想

私は今日はじめてやってみましたが、とても楽しかったです。またいつかやってみたいと思いました。あと今度、ラジオを聞いてみたいです。

今までは、放送委員なんぞむりむりむり〜!と思ってたけど、あっ入ってみよっかな?と思った。ラジオパーソナリティーになってみたいと思った。

少し失敗してしまったけれど、とても楽しかったです。5年生になったら放送委員会に入りたいです。ラジオディレクターの楽しさや難しさを知れてよかったです。春が楽しみ〜♪

ディレクターってこんなおしごとしてがんばっているんだと思った。私も将来の夢をめざしてがんばりたいです。

緊張したり、途中で怖くなったりしたけど、思ったより楽しかったです。

大人になったら、人前でしゃべったり、映画に出たいので、しゃべる練習になりました。

自分で考えた文を自分で言ってラジオを作ったり、友だちと交代で役をやったりしたのが楽しかった。またやりたいです。

ディレクターで指示をするのがとても緊張しました。でも、楽しかったです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by