Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

入浴剤研究者

入浴剤研究者

〜香りと色で楽しく健康なバスタイムを〜

お風呂に入るときにお湯のなかに入れる入浴剤を作る人です。粉末や液体、香りや色など、さまざまなものがあります。入浴剤を使うことで、血行を促進し、身体を温める効果や痛みを和らげる効果があります。さらに、汚れを落とし、皮膚を洗浄する効果もあります。健康に関わるものなので、安心して使えるよう品質をしっかりと管理することが大切です。入浴剤の研究開発では、香りと色、成分が重要な要素となります。そのため、それらの専門的な知識が必要です。

おしごとに必要なちから

入浴剤研究者

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 元気に毎日をすごす入浴の効果を学ぼう!
  • 入浴剤を上手に利用してみよう!
  • 実際にオリジナルの入浴剤を作ってみよう!

小学4~6年生(中級)

  • 内容未定

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

株式会社バスクリン

www.bathclin.co.jp

バスクリン1883年(明治26年)創業。1897年に日本初の入浴剤「浴剤中将湯」を発売。1930年に「バスクリン」を発売し、主に銭湯で好評を得る。その後、一般家庭でも人気となる。
健康についての意識が高まるなか、入浴の効果を説いている。また最近では、オリンピック選手をはじめとしたアスリートに対しても入浴のサポートを行っている。そのほか、健康のための正しい入浴法を学んだり、親子でお風呂に入りながらコミュニケーションを図ったりと、教育的な効果を育むという「浴育」の啓発活動も行っている。

2013年 農林水産大臣賞(メチル化カテキン高含有「べにふうき」緑茶とそれを利用した外用剤の開発にて)
2017年 グッド・アクション2016(株式会社リクルートキャリア主催)


道場を体験した感想

入浴剤をはじめて作ったけど、いろいろ知ってよかったです。これからもバスクリンを使っていきたいです。楽しかったです。

 

私は入浴剤が好きだけど、もっと好きになりました。すごく楽しかったです。

 

私は入浴剤の体験をして、入浴剤のことを知って、入浴剤というものはすごいと思いました。毎日、入浴剤を入れて入りたいです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by