Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

メディカルイラストレーター

メディカルイラストレーター

〜イラストの表現で医療を支える〜

臓器や骨格、手術の方法など、医療を専門としたイラストを描く人です。医学の教科書や論文などにおいて、専門的で難しい内容をイラストでわかりやすく伝えます。また、医療機器の取扱説明書などでもイラストは使用されています。メディカルイラストレーターには、イラストの技術だけでなく、医学についての知識も求められます。そのため、医療現場での必要性は高くなっているのですが、まだまだ人数が少ないのが現状です。

おしごとに必要なちから

メディカルイラストレーター

道場でやること

小学1~3年生(初級)

  • 「メディカルイラストレーター」のおしごととは?
  • 頭がい骨のフィギュアを見て観察しながら、イラストを描いてみよう!

小学4~6年生(中級)

  • 内容未定

中学生(上級)

  • 内容未定

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

tokco(とくこ)

株式会社レーマン(LAIMAN) 代表取締役
www.laiman.co.jp

tokco幼少期より絵を描くことと動物が大好きだったため、メディカルイラストレーターをめざす。現在、日本で唯一、獣医師の国家資格をもつメディカルイラストレーターとして活動している。アメリカやヨーロッパでは職業として認知されているが、日本ではまだ認知度の低い職業でもあるため、啓蒙活動にも尽力している。


道場を体験した感想

がい骨の線を描いて楽しかった。

人間ってこういう体なんだなと思いました。とても楽しかったです。

すごく細かくて、写したりなぞったりして、すごく大変なおしごとなんだなぁと思いました。

何回も写したりしたところが大変でした。ティッシュで影を作ったり楽しかったです。最後にいい作品ができてよかったです♡

普段描かないことができて楽しかったです。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by