Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

絵馬師

絵馬師

〜思いや感謝を木札に込める〜

木の板に絵を描く人です。絵馬は、神社やお寺に願いごとを祈願するときや祈願した願いがかなってそのお礼をするときに、寺社に奉納します。個人で奉納する絵馬は、小型で五角形(家型)のものが多く、馬などの絵が描かれ、余白や裏面に祈願の内容や氏名などを書きます。大人数で奉納する絵馬は、大型で、専門の画家に描かせることもあります。絵馬師になるには、絵ごころがあることはもちろんのこと、相手の願いを理解して絵として表現する力も必要です。

おしごとに必要なちから

絵馬師

道場でやること

対 象:小学生以上

  • 素朴な絵に、描く人の思いや願いがこめられた絵馬の魅力を知ろう!
  • 絵の具を使って絵馬に来年の干支を自由に描いてみよう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

永崎 ひまる(ながさき ひまる)

nagasaki-hiromi.jimdo.com

永崎 ひまる絵馬師。和風画家。作家。
神社仏閣に奉納する絵馬として、木曽ヒノキや細川紙などに絵を描いている。伊勢神宮崇敬会の大絵馬をはじめ、乃木神社の正月大干支絵馬、甲斐国一宮浅間神社の御鎮座1150年絵馬、万九千神社の遷宮特別絵馬、霧島神宮の造営300年記念祭絵馬など、さまざまな神社に絵が飾られている。伊勢神宮の内宮・参集殿にて、干支飾り絵馬も担当。そのほか、下鴨神社などでの御守の企画デザインや、東京大神宮や大宮氷川神社などで絵馬のワークショップなども開催している。
ブログは、「ひまるの素敵な毎日。」。

小川町ふるさと大使(ユネスコ無形文化遺産・細川紙の産地) 

2014年 グルマン世界料理本大賞 イラストレーション部門グランプリ
2016年 神道文化賞


道場を体験した感想

最初はたいへんそうでした。でもやってみると、とても楽しかったです。人生で一度もやったことがなかったのでいい体験でした。

 

上手にできてよかった。細かい作業でたいへんだなと思った。将来は絵馬師になりたいという夢ができた!ありがとうございました!

 

とてもせんさいな絵と、木の性質を気にしながら描かなければならなかったので、とても難しかったです。でも楽しかったし、できたときの達成感がとても気持ちよかったです。ありがとうございました!

 

きれいな絵馬が描けてとても楽しかった。描いただけで夢がかなった気分になった。

 

絵馬はすごい。絵馬は願いごとがかないますね。みんなも試してね。

 

最初、いろいろ悩みましたが、今年はひつじ年なのでひつじに決めました。家に幸運が起こるといいなと思います。やるところがお寺だったので緊張しました。

 

夢を文字で書かないで、絵で表現することができて、とても楽しかったです。

 

自分の夢を絵にするのがとても楽しくて、またやってみたくなりました。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by