Yume Rakuza

次世代を担うこどもたちの「夢★デザイン」を応援する!

華道家

華道家

華道家〜花を通じて生きている美しさを伝える〜

お花をいける人です。華道は日本に昔からある伝統技術です。季節のお花や葉っぱを組み合わせて、花器に美しくいけていきます。さまざまな流派があり、様式・技法は各流派によって異なります。希望する流派の師範に弟子入りしたり、専門学校でいけばなを習いながら、師範の免許取得をめざします。師範になると、弟子をとっていけばなを教えることができます。そのほかにも、百貨店やホテル、オフィスなどのロビーにお花をいけることもあります。

おしごとに必要なちから

華道家

道場でやること

対 象:小学生以上

  • 植物とふれあうことで、命の大切さや他人への思いやり、創造性を身につけよう!
  • 華道で使う道具の使い方や花材の扱い方の基本を知ろう!
  • 数種類の花材をいけながら、植物の美しさや変化を楽しもう!

※都合により変更となる場合がございます。

講師プロフィール

石井 黄琳(いしい こうりん)

草月流師範会 顧問

石井 黄琳1991年に草月流に入門する。1996年から草月展への出品をはじめる。2006年には、草月展新人賞を受賞。その他、虎屋銀座店や虎屋赤坂店の店内装飾をはじめ、商業空間のディスプレイ表現を担当する。

草月会千葉県支部 副支部長

【協力】一般財団法人草月会


道場を体験した感想

私はお花でいけばなをやってみたいと思ったので、できてうれしかったです。将来にお花屋さんになろうと思ったことがあったので、また考えたいと思います。とてもいい経験になったのでよかったです。

 

剣山に花をさすのはそこまで難しくなかったけど、なかなか思い通りに曲がってくれなくてたいへんでした。家でも少しずつ花の位置を変えていけてみようと思います。

 

かすみ草は細くてさすのが難しかったけれど、作品を盛り上げてくれた。楽しかった。

 

限られた材料で作るということができました。一人一人違う作品になっていて、一人一人の個性が出ていてよかったです。

 

ずっと楽しみにしてたけど、実際やって、花や草がかわいそうになっちゃって…。でも、たくさんのプレゼントももらえたし、大満足☆いろいろとお世話になったけど、またやるときは浅草までチラシをください!すっとんで行きます!!

 

想像しいろいろな草花を生けることができ、うれしかったです。葉をさいたり、編んだり…。とても楽しい時間が過ぎていきました。発想はおもしろいということもわかりました。

 

今日はいろいろな発想で、一人一人違ういけばなができました!!

 

私は、前まではただお花が好きなだけで理由なんてなかったけれど、今日おしごと体験をして、花で気持ちが伝わることを知って、ますますお花が好きになりました。

 

小さいころからお花が大好きで、いろいろお花も植えたりしていました。でも、お花を切ったりすることはなく、こんなに集中することもなかなかありませんでした。なので、今回のおしごと体験がいい体験になりました。

 

お花屋さんみたいに、とても頭を使って、工夫して、愛情をこめてお花を生けたので、とてもきれいでうれしかったです。

 

いろいろな形に葉っぱを切れてよかったです。弟が喜んでくれるとうれしいです。

 

葉の生け方だけでもいろいろな生け方があって、びっくりしました。自分で自由に生けられるというのがとても良かったです。とっても楽しくできました。

道場ギャラリー

メールを登録してイベント情報などを受け取る

powered by